<< ミャンマーのきな粉もち? レーダンの路地裏カフェ >>

レーダンのチャイトン料理食堂

 レーダン通りから路地を入った所にあるチャイトン料理の店へ。
a0323048_11254147.jpg
 メインの通りからちょっと奥にあって、周りはアパートが並ぶ居住エリアで、ほんとにこの先に店があるの?といった所に店が存在する。
 でも、こんな分かりづらい場所にもかかわらず欧米人の客さんが多くて、きちんと英語のメニューもあるのだ。
a0323048_11254007.jpg
 メニューの下にはフェイスブックが掲載されているので、おそらくそのサイトの地図を頼りに欧米人たちが来ているのではないだろうか。
 それにしても、フェイスブックの影響力をあらためて実感する。
 で、食事はというと、基本的にはシャン料理だけれど、なかには珍しい料理もあって、私がこれまで食べてきたそれらのいくつかを紹介。
a0323048_11254131.jpg
 こちらはチャイトンモンティタウン(メニューではおそらくTHICK RICE VERMICELLI SALAD)
 味はタイのパパイヤサラダ、ソムタムに似ている。
a0323048_11254112.jpg
 タミントウ(SHAN RICE SALAD)とSTEAMED TAPIOKA CHIKEN BALL。
 チキンボールは日本のにこごりとかゼリーよせのような感じ。
a0323048_11254242.jpg
 シャンタミンチン(SHAN RICE WITH MASHED POTATE AND TOMATO)
 ジャガイモとトマトのご飯サラダで、日本のチキンライスのような味。これはおすすめ。
a0323048_11254297.jpg
 RICE TOHU
 こちらは米粉を固めたトーフで、珍しいけれど、味はちょっと?
a0323048_11254213.jpg
 最後はシャン料理の定番、シャンカウッスウェイ(SHAN NOODLE)の平打麺の汁なし。
 どの料理も値段が手ごろで、しかもヤンゴンにいながらにしてチャイトンの味を楽しめます。
 行き方ですが、レーダンのセインゲーハーから坂を100メートルほど下って、マレイシアという食堂の先、貴金属店の手前の道を左折します。
 すぐ左手に東京カフェが見えたらその道で正解です。その道をそのまままっすぐ進み、右手にアパートの1階が緑色に塗装された店が見えたら到着です。




[PR]
by htway | 2017-01-28 11:28 | ミャンマー料理
<< ミャンマーのきな粉もち? レーダンの路地裏カフェ >>