<< ある日の持ち込み弁当 アジアな部屋 >>

青いトマトのサラダ

 ニホンニハ、アオイトマトガアリマセン
 日本で暮らし始めてまだ間もない頃、そう嘆いていた嫁は、以前勤めていた職場の横にある民家の庭で野菜を育てている人に声をかけ、まだ赤く熟す前のトマトをいただいて、家に持って帰ってきたのだった。
 青いトマトは、以前カンボジアにある食堂で酸っぱいスープを頼んだ時に食べたくらいで、サラダだと青臭くて食べられないのではないかと思い、最初のひと口は、少々不安げに少しだけ口に入れてみた。
 青臭さは感じられず、熟す前のしゃきしゃきっとした食感と、フレッシュな酸味が口に広がった。
 気軽に青いトマトが手に入ればいいのだけど、近所のスーパーや八百屋、産直販売店、どこにも見つけることができていない。
 この夏は、プランターで育てたミニトマトのいくつかを赤く熟す前に摘み取って、またサラダにして味わった。
a0323048_20385736.jpg
 つくりかた 
 青いトマトを食べやすい大きさにカットして、スライスした紫玉ねぎ、砕いたピーナッツ、サラダ油、レモン汁、にんにく、塩、うまみ調味料を適量加えて混ぜるだけ。
 


 
[PR]
by htway | 2014-11-25 20:49 | ミャンマー料理
<< ある日の持ち込み弁当 アジアな部屋 >>